130386Raのスタートアップな日々

2010年からスタートアップのサポーターとして活動してきた記録とサポーターに飽き足らず50歳を過ぎてプレイヤーサイドに身を投じた馬鹿のおっさんの日記です。

startupweekend Kyoto Session VOL1を開催しました


Startup Weekend Kyoto Sessions Vol.1 || Minakuchi Takayuki X Sushi Suzuki

 

本日、startupweekend Kyoto Sessionを開催致しました。

今回は、そのレポートと次回のセッションについての予告です。

ちなみに、放映の模様は↑からみれます。

 

Session1までの経緯

このSessionをシリーズで開催する経緯については、前回のブログで書かせて頂きましたのでこちらを参照してください。

 

ujiis.hatenablog.com

 そこで持ち上がったのが、初回の登壇者を誰にするか?というイベントではちょっと揉めそうな話ですが、水口の口から出た「俺とSushiさんでやるわ」のセリフで比較的簡単に決まっちゃいました。

 

次は、ネーミングでした。ウェビナーやオンラインサロン的なネーミングも出た中から聞き手と話し手が発するハーモニー的意味合いのJam、Sessionの2つから「Jamはフルーツジャムっぽいから」という理由でSessionになりました。デザインやネーミングにこだわるのも、京都工芸繊維大学のデザインという分野のメンバーがいる、京都ならではなのかな?と思ったりしています。

 

今回のSessionのハイライト

 

今回のSessionは、Sushi Suzukiが水口にインタビューする形式で行ないました。

詳しくはYouTubeを是非観て下さい。

以下に僕の印象に残ったやりとりだけ抜粋しときます。

 

○ なぜstartupweekendに参加したのか?

水口は、本人曰く学生時代はクズだったそう(本人が言っていたw)で、一般的な企業からDeNAで働いていたそうです。既に起業の決意を固めていたものの、自分自身にはプログラミングやデザインのスキルがなかったので、仲間を見つけるために参加したそうです。

 

○ 当時の様子と参加してどうだったか?

2013年の東京でのイベントに参加し、その時の参加者は100人を超えていたそうです。

(ちなみに京都だと参加者40人程度で少ない時は15人〜20人くらいともっと小規模です)

彼のアイデアでチームを作れたが、優勝や賞を取る事は出来なかったそうです。それでも、チームメンバーが働きながらサービスローンチまで漕ぎ着けたそうです。当時言われていたのが、実際に参加した人のうち、活動を継続し、サービスをローンチ出来るのは9%と言われていたそうです。

(Sushiによると海外はもう少し高くて20%らしいです)

 

○ startupweekendの何が好きなのか?

水口曰く、正直言ってHackthonやIdeathonは嫌いだそうです。ただ、作るだけ、ただアイデアを出すのは好きではないそうです。startupweekendだと放任主義で、メンバー集めや、いつ辞めるのかといった決断の部分がとてもリアルな起業に近く、そこが魅力だと感じているそうです。

そして、キャッチフレーズである”No Talk All Action"という考え方も好きだそうです。そこに自らの好きな考え方である、51%の支持を得るから51Actionという社名をとったという事です。まさにタイトル通りStartup Weekendが、人生に影響を与えている感じですね。

 

○起業の頃の話

まだ、アイデア段階だった頃twitterとかで自分のアイデアを起業家の方とかに連絡してアドバイスを求めに行ったそうです。

ただ、20人ぐらいで止めたそうです。理由としては、これ以上聞いても同じような事しか言われなかったからだそうです。そして、やってもいない人のアドバイスで悩むよりまず自分がやってみる事の方が重要だと感じたからだそうです。

男前過ぎるし、一番共感出来る部分でした。

 

他にも、視聴者の方の質問にも答えてなかなかの盛り上がりでした。

 

次回のSession

 

次回のsessionは、オーガイザーの津吹が過去の参加者で、学生起業家の高城賢太氏と対談します。

高城氏は、京都工芸繊維大学の在学中にstartupweekendに参加し、進学した奈良先端科学技術大学院大学で学生起業を経験し、京都の新進気鋭AIスタートアップであるデータグリッドにJOINし、現在は新規事業開発マネージャーを務めておられます。

津吹と高城氏は、京都工芸繊維大学時代の講師と生徒という間柄でいわば師弟関係。

この二人がどんなハーモニーを醸し出すかご注目下さい。

 

次回のSessionは、来週6月2日の20時〜以下のチャンネルで放映致します。

 


Startup Weekend Kyoto Sessions Vol.2 || Tatsuya Tsubuki X Kenta Taki

是非チャンネル登録をお願い致します。

 

 

 

 

 

startupweekend KyotoSessionをはじめます

f:id:ujiis:20200523203600j:plainhttps://www.youtube.com/watch?v=e5iWDSD3Cf8&feature=youtu.be

 

すみません。ものすごーく久しぶりにこのブログを再開します。

自分自身がスタートアップのサポーターから、player側になったなどのお話は追々致します。今回は、私のライフワークのようになってきているstartupweekendの活動についてお話します。

 

2011年にスタートしたstartupweekend京都には、運営チームとしてずっと関わっています。今回は、知られていない運営の内側と新しい活動についてお話します。

 

startupweekendとは?

Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、世界150ヶ国・1200以上の都市、日本25都市以上で開催されいる起業体験イベントです。金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらアイデアのプロトタイプを作りあげていきます。机上の空論で終わらず、週末の3日間で集中的に起業のきっかけや成果を生む実践的な取り組みとなります。

世界中で48,000回以上開催され、500都市以上で1,100,000人以上が参加しています。

(大阪のonlineイベントのdoorkeeperをコピペしました)

要は、金曜日から日曜まで54時間ぶっ続けでスタートアップそのものをやってみるイベントです。京都では、2011年8月に最初のイベントを行ない、以降1年に2回から3回のスパンで継続的に開催してきました。

 

京都のstartupweekendの運営

 

9年に渡り続けてきた、このイベントの運営は全てボランティアのメンバーで行っています。とは言え、ここ2、3年は学生、社会人の混成で10人くらいのそこそこの大所帯になってきています。

運営のルールではオーガナイザーになるには、イベントへの参加が必須になっています。ですので、毎回参加者から次のイベントに運営で参加したい人を集うスタイルを続けてメンバーを拡充しています。

また、イベントの運営には、本部の承認を得た公認のファシリテータが必須ですが、京都には、私以外に2人のメンバーがライセンスを持っているので、あまり表舞台に立たなくてよくなったというのが現状です。

また、startupweekendの、”ローカルのコミュニティを大事にする”という方針の下、コーチやジャッジといったイベントに不可欠な、ご協力を頂く方々も、極力京都もしくは関西にご縁のある方をお呼びするというやり方をしてきました。これは、参加していただいた方が本気でスタートアップを目指す時や、何か新たな事にチャレンジしようとした時に気軽に相談出来たり、一緒に何かを始めたりする事が出来るようにという配慮からです。

 

ここ最近は、イベント終了後に反省会兼次回イベントの企画を話し合い、そこに運営に参加したい新しいメンバーを呼ぶというスタイルを続けています。

京都という土地柄、学生や留学生などの海外の方々とネイティブに、スタートアップに関心を持つ層をどう巻き込むかという機軸で運営をしています。

5月頃までに新入生を中心とした学生イベント、8月に京都工芸繊維大学のKS3(Kyoto Startup Summer School)と相乗りしたインターナショナルイベント、11月にグローバルのプログラムに連動した一般イベントを回すというのが、ここのところのパターンでした。

基本、来るもの拒まずで、女性を大事にするフェミニスト?な私の方針もあり、合間にWOMANイベントにも対応してきました。

要は、イベントのある無しに関わらず1ヶ月もしくは2ヶ月に一度メンバーが集い、運営や京都でのスタートアップに関する情報を共有してきたというのが現状です。

(本邦初公開、結構頑張っているんですw ただ飲み食いしたかっただけとの話も・・・)

 

567による環境の変化

 

今年に入ってから、従来なら4月終わりから、5月に開催するはずだったイベントに向けての準備をしてきました。毎年この時期に開催するのは、新入生や新学期に新たな気持ちで学生生活をスタートしようという学生をターゲットにしているからです。

 

しかし、3月に入り、今回は延期せざるを得ないという事でメンバーの意見は一致しました。一旦、6月に次回のイベントを延期するという判断を下す中、状況はどんどん悪化していきました。一つの判断の目処としていた祇園祭の山鉾巡航が中止になり、京都でもクラスターが発し、緊急事態宣言が発令されるなど、予断を許さない状況になっていったのです。オフラインでのイベント開催が困難になる中、運営母体であるtechstarの主導で、日本でもオンラインでのstartupweekendのイベントが各地で開催されるようになりました。

そこで、5月に入り今後の方針についてのミーティングを開催しました。当然密を避けた流行りのZOOMミーティングでした。

 

そこで出た意見としては、

1、単なるオンラインイベントではローカルのコミュニティのポリシーの維持が困難

2、自分達自身が新たなチャレンジを行なうべき

3、今までの参加者や協力者の方々を、今一度コミュニティとして新たに興味を持つ方々と繋げたい

 

というものでした。

そして、立ち上げるのが、『startupweekend KyotoSession』になります。

 

startupweekend KyotoSessionとは何か?

 

一言で言えば、startupweekendやスタートアップの魅力、大変さなどの”リアル”をお伝えするオンラインイベントという事になります。形式的には、運営メンバー×ご登壇者の対談形式からスタートします。

 

今まで発信しきれていなかった、「startupweekendって何がオモロいねん」とか「参加したら何が得られねん」というイベント固有の話と、「スタートアップの魅力や大変さ、それでも何故やり続けるのか?」といったスタートアップのリアルをお伝え出来ればと考えています。基本、ローカルコミュニティの考え方を堅持し、このイベントに関わって下さった方々を中心に対談を進めていこうと思っています。

新たなチャレンジですし、トライアンドエラーで変化させていこうと思っています。

 

第1回は、5月26日火曜日の20時からYouTubeライブ配信を予定しています。

 

51Action、京都R不動産の代表で、不動産事業を始めリノベーション・ホテル業を行っている水口貴之と京都工芸繊維大学でD-LabやKS3の運営などを行なっているSushi Suzukiが、「StartupWeekendが人生に与えた影響」というテーマでお話します。

startupweekendの参加者から、ファシリテーターになった二人がどのような話をするかにご注目下さい。

毎週1回新しい配信を行なう予定ですので、楽しみにして下さい。

 

以下のYouTubeで配信を行ないます

当日、YouTubeのチャット欄からライブで質問もお受けしますので、是非ご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=e5iWDSD3Cf8&feature=youtu.be

 

注)本文では、新型ウイルスについてあえて567と表現しています。どうも、あの文字を見るだけで気分がげんなりするという筆者の個人的事情が背景です。ご容赦下さい。

ちなみに567ビールは大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームビルディングに関する学び~京都スタートアップカンファレンス開催報告~

f:id:ujiis:20170306213452j:plain

京都スタートアップカンファレンスでチームビルディングについてのセッションを行なった。このブログはその開催内容について、私なりに思うところを書いてみた。

 

アントレプレナーシップって?」

 

今回のイベントのゲストは、はてなとBIZ REACHという2社の成功したベンチャーの共同創業者である佐藤さんと大西さんをゲストにした。

何故、このお二人にご登壇頂いたかの詳細は、前回のこの記事を参照してもらいたい。

 

ujiis.hatenablog.com

 

要するに、アントレプレナー(創業者)ではない共同創業者のお話を聞くことで、

「どのようなメンバーで始めれば良いのか?」

「どうすれば、上手くチームビルディング出来るのか?」

を解き明かそうとしたのだ。

 

自分の中でアントレプレナーって

『不可能を可能にするアンビリーバブルな行動力を持った人』

という解釈をしていた。

しかし、佐藤さんと大西さんの話を聞くにつれ、この人達も十分にアンビリーバブルな行動力を持っている事に気づかされた。

では、この二人が『that's entreprenure』と言わしめる南さんや近藤さんのような

アントレプレナーシップを持った人とはどう定義すれば良いのか?

この疑問を解消しなければ先に進めないと思った。

 

アントレプレナーの定義とは?」

 

そこで、無謀にもアントレプレナーをどう定義づけるのか、今までに出会った数多くの起業家や今回お聞きした南さんや近藤さんの話をもとに頭がすり減るくらい考えてみた。

そこで、アントレプレナーとは以下のような特性を持った人であると結論づけた。

 

① 不可能を可能にする並外れた行動力を持っている

② 常識を常識と考えない柔軟な発想力を持っている

③ 世の中の課題を正確に認識し、その課題解決方法を提示するとともに、その課題が

  解決出来た後に訪れる世界観について自分の言葉で語れる

 

特にこの世界観を語り納得させられる人こそが、アントレプレナーであり他の要素が多少かけていてもこの3つの部分で他者を寄せ付けない人こそが真にアントレプレーシップを持った人と言えると結論付けた。

 

「チームビルディングに重要な役割を果たすマネージャーとは?」

 

では、アントレプレナーだけがいればスタートアップは成功するか?と言えばそうではないだろう。実際アントレプレナーシップを持った数多くのメンバーがいても上手くいっていないスタートアップを数多く知っている。

 

佐藤さんと大西さんの言葉で印象的であったのは

「いかにして創業者にマネージメントをさせないか」

に心を配ったという話である。

 

つまり、マネージャー的役割を果たす人の役割とは

 

アントレプレナーの描く世界観をいかにリアルな計画に落とし込み、実行管理していくか』

 

これに尽きるのではないだろうか?

アントレプレナーとは、上にも書いたように不可能を可能にする、今まだ実現していない事をどのように実現させるかといういわゆる外向きに世界観を語る役割である。

その世界観を実現させていくために、「誰が何かをいつまでにやるのか」

といったリアルに落とし込み、チームとして実現出来るように内向きにアクションを起こす役割こそがマネージャーの役割と言えるのではなかろうか。

 

アントレプレナー、マネージャー、CTOは役職でなく役割」

 

「スタートアップを始めるのに最少の人数構成は何人ですか?」

これは、今回のパネルで我々が用意した質問である。

この質問には、話が及ばなかったように思う。

 

そこで、今回の気づきを得て自分の問いに自分で答えるとすると、

「人数ではなく役割です。」

ということになるだろう。

 

スタートアップの中には、エンジニアや技術者といった競争優位の源泉となる専門技術やスキルを有したアントレプレナーもいるだろうし、マネジメントスキルを持ったCTO的存在もいるだろう。

そういう意味では、何人で始めるのかが重要なのではなく、アントレプレナー、マネージャー、CTOという役割を担う事が出来れば良いというのが答えだと思っている。

 

当然、一つの役割を一人ずつが担うなら3人になるし、ひょっとすると誰かがこの役割を2つこなすことが出来れば2人でも良いかも知れない。はたまた、一つの役割を二人で担う事もあるかも知れない。

f:id:ujiis:20170306222817j:plain

 

さて、これとは全く別の話題になるが、アントレプレナーがHachathonや起業イベントで自分のアイデアが採用されず、意に反して他人のアイデアにジョインするケースがあるだろう。

このような場合も、いかにしてマネジメントがなされているのか?

誰がどうマネジメントを行なうのか?

こういった学びの場として、そのイベントを活用しても良いのではなかろうか。

 

このような貴重な考える機会を頂いた、BIZ REACHの佐藤さん、はてなの大西さん、そしてうだうだな運営にお付き合い頂いたTVSの谷口さん、坂井さん、そして盟友タナヤユウヤに感謝致します。

本当にありがとうございました。

 

2月8日開催京都スタートアップカンファレンス

まずお断りしておきます。

これは、宣伝です。宣伝以外何者でもない投稿です。

で、前回は何故このイベントを始めたか?について書きましたが今回は、2月8日(もう来週の水曜日)に開催するイベントの内容について書きます。

イベントはこちら

京都スタートアップカンファレンス~スタートアップにおけるチームの作り方~

 

f:id:ujiis:20170203205403p:plain f:id:ujiis:20170203205128p:plain

f:id:ujiis:20170203205544p:plain

 

 

「なぜチームブルディングなのか?」

イベントを始めた時に、資金調達と成功した起業家の話をやろうというのは比較的すっと出てきた話。

さて、その後なにやろかといった時にTVSの谷口さんが、「ビズリーチの佐藤さんのチームビルディングの話って面白かったんですよね。」というコメントを思いっきり拾っちゃたというのがきっかけでした。

これは、昨年の京都のデジハリのオープニングイベントで今回の登壇者のはてなの創業メンバーである大西さんと出会い、日頃感じていた

「スタートアップのチームの在り方って重要やな」

というのを再認識したのもきっかけでした。

 

実は、スタートアップのサポートを始めたばかりの頃によくVCのキャピタリストに

「何見て出資決めるんですか?」

と聞きまくっていた。その時のキャピタリストの方々の答えは大抵

「創業メンバーです」とか「人です」と「経営者です」

ってな答えでした。

当時の私は

「嘘こけ。あんたら人の見極め出来るくらい偉いんか?」

と内心思っていました。

 

しかし、今もし僕が同じ質問をうけたらきっと同じ答えをすると思います。

どんなに、いいアイデアや技術があってもチームがだめなら上手くいかない。

そう感じているからです。

 

今回のイベントでは、「素晴らしい経営者やアイデアをどうやってホンマもんにしていくか?」について起業家ではなく、それを支え続けてきた方々に聞いていきたいと思っています。本当に、良い方とパネルディスカッションできるのを楽しみにしています。

人材ビジネスといういわばありふれた業態の中で後発ながらスケールさせたビズリーチとITテクノロジーの塊のはてなという会社が

「なぜ成長できたのか?」

「どんなチームだったのか?」

「チームは意図的に作ったのか?」

などなど解き明かしていければと思っています。

 

「スタートアップピッチにも大注目」

このイベントでは、毎回スタートアップピッチを行なう。

やはり、東京のスタートアップに比べると関西のスタートアップはピッチレベルが低いと言わざるを得ないと思ています。実際の技術力や内容は、東京のスタートアップに比べても全然負けていないというか、むしろレベルが高いのにピッチのレベルが低いだけで資金調達やビジネスの進展が進んでいないケースも多いと思っています。

やはり、「場数を踏めていないのが原因ではないのか?」

と思っています。

 

今回は、非常に粒ぞろいでユニークな登壇者が集まってくれました。

前日、京都市スタートアップ支援ファンドから出資を受けたばかりのAGや知る人ぞ知る京都の若手ITエンジニアカンパニー「Campus」を率いる國重侑輝氏が手掛ける新たなサービス開発企業Baseconnect株式会社など。

スタートアップだけでなく、支援者にとっても貴重な場になると自負しています。

 

くどいようですが・・・

京都スタートアップカンファレンス~スタートアップにおけるチームの作り方~

まだまだ、参加者受付中です。

京都スタートアップカンファレンス

f:id:ujiis:20170126173004p:plain

 

このブログ的には、「明けましておめでとうございます。」のような・・・

今年は、もう少し頑張って情報発信致します。きっと・・・

 

本日の話題は、タイトルそのまま「京都スタートアップカンファレンス」についてです。

そもそも、なぜこのイベントを始めたのか?とかについて書いておこうと思います。

 

「起業家に継続した学びの場を作り出したい」

始めたきっかけは、これがすべてです。

このイベントは、トーマツベンチャーサポート(TVS)さんと京都リサーチパーク(KRP)が共催して行なっているイベントです。

歴代のTVSの京都担当である岩崎さん、北條さんと「何か一緒に継続した勉強会やりましょうよ。」と企画をしつつも、単発の企画にしかならず「今度こそは」という事で登板したのが谷口さん。「やるやる詐欺軍団」と言われる、私とツナグムのタナカユウヤの首にとうとう鈴をつけてくれました。

 

一言で言うと、『京都で起業家と支援者、そして成功した先輩起業家が常にコンタクト出来て有機的な関係を築く、活きたネットワークを築く』がコンセプトになります。

 

ちなみに、第1回のテーマが「資金調達」、第2回のテーマが「先輩起業家の体験談を聞く」そして今回2月8日のテーマが「チームビルディング」です。

 

「京都流スタートアップとは」

京都流スタートアップってなんやねん?

ページのトップ画にも、京都流起業を日本のスタンダードにするって書いてあるし・・・

 

実は明確な定義はない。(間違ってたら後で訂正します)

ただ、京都の起業家って一時の流行もんをやるんじゃなくって、割と本質的に長く愛されたり、毎日使うようなそんな製品やサービスをやってるような気がする。

 

それと、スタートアップがスタートアップを産み出す。そんな流れが独特なのかなって思う。EVスポーツカーのGLMで初期にインターンしていた学生が、起業してたり、そこのメンバーがまた起業したり・・・

ITでも、notaのバイトやインターンも起業してたり。

 

他に京都の特徴っていうと、伝統の中から新しいものを産み出してるんじゃないか。

 

そういったものを総称して、『京都流スタートアップ』って呼んでいこう。

そんな、感じです。

この活動を通じて、これが『京都流スタートアップ』だってはっきり言い切れるようになってければいいかなと思ってます。

 

 

「スタートアップはスケールする事を目指して欲しい」

 このイベントに興味を持って頂ける方へのメッセージっぽいものになりますが、「スタートアップにはスケールする事を目指して欲しい。」こう思っています。

スタートアップは、単なる起業家じゃなくて「世の中をよくする方法を提供する」だとか「今まで世の中になかったとてつもない面白いサービスを提供する」だとか、そういった起業家の事をスタートアップだと思っています。

 

決して、すべてのスタートアップがIPOやM&Aでイグジットを果たすべきだと言っている訳ではありません。しかし、自分たちのプロダクトやサービスが世の中を変えるようなもので素晴らしいものなら、世の中の多くの人に使ってもらうようにするべきなんだと思っています。ローカルサービスだって、同じようなサービスを求めている他の地域に展開したり、同じターゲットに色々なサービスを展開したりと色々なやり方があると思います。そこを徹底的に追求して欲しいと思っています。

 

スタートアップは、どうしても走りながらしか学んでいけないと思っています。

しかも、これでけ知っていればいいという簡単なものではないとも思っています。

このイベントを一つの学びの機会と捉えて頂き、ここで繋がったネットワークを使ってスタートアップがどんどん成長していって欲しいそう思っています。

 

京都スタートアップカンファレンスの詳細についてはこちら

www.facebook.com

 

 

京都の注目スタートアップ フード関連編 Part 2

京都の注目スタートアップ フード関連編Part2は、office cafe 、置き弁、TAVENAL、Natural Life Syleの4つの業態で健康と食に関するソリューションを提供する 株式会社Smileyを紹介致します。

 

『IT企業の社長だったからこそ気付けた健康と食事の関係』

株式会社 Smileyの矢津田社長は、もともと、というより現在も株式会社AIVICKというIT企業の社長である。最初のサービスとなるoffice cafeを始めたきっかけとしては社員であるエンジニアの食生活に問題意識をもったからだそうだ。仕事がら夜おそくまで残業が続き、多くのエンジニアたちは仕事を中断させることを嫌う。そのため、ついつい食事はカップ麺やコンビニ弁当ばかりを食べて、中には生活習慣病にかかる社員まで出てきたそうだ。(若干耳が痛い)

そこから、農家や養豚場、食品加工工場などに足を運んだり、色々な研究者に会いにいったりしてかたっぱしから食に関する情報を集めたそうだ。そこから、最初のサービスとなるofiice cafeを立ち上げたのだそうだ。

 

f:id:ujiis:20160412192430p:plain

 

『栄養バランスが良いだけでなくおいしく食べられることへのこだわり』

栄養バランスの良い食事をお弁当という形で社食として提供する。一言で言ってしまうとこれだけなのだが、このお弁当がとにかくおいしいのだ。どうにも、栄養バランスに優れた食事と言うと病院食のような塩味が足りないとか、野菜ばっかりの精進料理のような食事をイメージしてします。しかし、このお弁当は、出汁や肉などの様々な食材にもこだわっていて、どのメニューもとてもおいしいのだ。

(ちなみに、ちゃんと会社で試食もさせて頂いたし、Startup Weekend Kyotoでもお弁当を提供していただいていて自分の舌で確かめた感想だ。)

とにかく提供するSmileyの側が、おいしく食べて欲しいということに相当こだわっているのだ。

その一つが、企業が社食として導入する場合に、同時に加温器や冷蔵庫も貸出を受けられるサービスだ。コンビニの弁当をレンジでチンすると、付け合せに入っている生野菜やポテトサラダまで温まってしまって、まずいと感じた経験があるだろう。office cafeが提供する弁当では温かいものと、生野菜や煮物などを別々に提供している。これを、温かいものは加温器、冷たいものは冷蔵庫に入れておけば家で食べるのと同じように食べることが出来るのだ。

 

f:id:ujiis:20160412194320j:plain

あ、もう一点こだわりを付け加えると、付属のお箸は国産檜を使用していて捨てるのがもったいないようなクオリティーを確保している。

 

 

f:id:ujiis:20160412194838p:plain

 

『健康にいいお弁当を届けるための新たな取組』

美味しい健康弁当というだけのサービスなら他にも手掛けている企業はあるだろう。それだけにとどまらないのが、この会社の面白いところだ。

新たな取組として、東京で置き弁当というサービスを始めている。社食のサービスは、社員食堂を設けていて、昼食時間が決まっている大企業にはマッチするだろうが、スタートアップや中小企業では事前に食事を予約することに抵抗があるかもしれない。そんな会社でも導入出来るのが置き弁当のサービスだ。サービスの内容は、名前から想像してもらえばわかるだろう。いわゆる富山の薬売りと同様だ。毎週火曜にオフィスに弁当が送られてきて金曜日に回収される。その間に食べた分だけの料金を支払うのだ。

ここには、テクノロジーが隠されていて独自の封入技術を活用することにより無添加のお弁当をDAY+4日の消費期限を実現させている。これにより、火曜配送、金曜回収ということを実現させているのである。残念ながらこのサービスはまだ、東京近隣のみでの展開のようだ。

もう一つは、社食や宅配ではないリアルな店舗の展開である。こちらの方はおひざ元の京都桂川の方でTAVENALという名前で無添加のバランスのとれたメニューのお弁当やサラダ、おばんざい、スープを提供するお店だ。

 

医療財政の逼迫が叫ばれる中、Smileyの提供する健康食がサラリーマンの昼食に革命を起こす日はそう遠くないだろう。

 

株式会社 smilley HP:

smiley.co.jp

京都の注目スタートアップ フード関連編 Part 1

このブログで京都の注目スタートアップについて発信していこうと思う。手始めになぜか周辺で超盛り上がりまくりのフード関連から。Part1の今回は、キッチンスケールでクラウドファンディング『Makuake』に挑戦中のHACARUSをご紹介致します。

f:id:ujiis:20160410185354j:plain

 

『美しさと実用性を兼ね備えたデザイン』

まず、なんと言ってもほんとにキッチンスケールにしておくにはもったいないくらいの格好良さ。はかりの部分には竹の集成材を使っているそうだ。この竹に、計った野菜やお肉の重量が浮かびあがるのは幻想的とさえ言える。この美しさを実現させるのには、かなりの試行錯誤があったそうだ。実は、匠の技がこの機能の実現には秘められているのだ。また、表面にはウレタン加工がなされているため、水に濡れても大丈夫な構造になっている。ただ、格好いいだけなく実用性も追求しているのは、UXに精通したチームならではのこだわりの部分であろう。

 

f:id:ujiis:20160410185620j:plain

 

『音声入力を使いたくなる?

アプリとの連動で、やはり日々料理をされる主婦の方からは、「料理をして濡れた手でスマホを触るのには抵抗がある。」という意見がるようだ。たまにしか、キッチンに立たない男性では実感出来ない女性の目線だろう。これに対しては、食材の名前を声で読み上げることで認識させるようにしているようだ。正直今まで音声入力なんて「Hey,Siri」とか「OK Google」とか気恥ずかしくてネタ以外で使ったことがない。(きっとこんな人は多いんじゃなかろうか?)しかし、料理中で手が離せないシチュエーションなら音声入力を使いたくなるだろう。確かにミンチをこねた手でスマホを触るのはいやなような気がする。こんな目的なら気軽に音声入力を使うのではなかろうか?

 

『ワンストップで栄養管理が実現するIOTデバイス』

本来であれば、単に格好いいキッチンスケールという選択肢もあっただろう。しかし、あえてというか「なぜキッチンスケールを使うのか?」という根本的思考を突き詰めた結果なのだろう。キッチンスケールを使うのは、超神経質なウルトラA型な人か、ダイエットや生活習慣病の予防もしくは治療中なのではないだろうか?後者の人たちは、食材を測ることだけが目的なのではなく、その先の目的があるはずだ。そう、真の目的は栄養管理を行なう事である。それを実現するにはユーザーは、自分にあった献立の情報を得て、その献立を作るために食材を測り料理する。そして、食べた献立のログを残す。その後は残したログの情報をもとに、栄養を指導を受けるというのが流れだろう。しかも、それぞれの管理ツールは、本であったり、アプリであったり、リアルな指導だったりそれぞれが別々のものになっていたのが今までのパターンだろう。これでは、仕事と子育てを両立する主婦や日々忙しいサラリーマンには継続が難しくなる。このキッチンスケールを使いまくると恐らくこの問題は解決出来だろう。栄養管理を苦痛なものから楽しいものに変えてくれるそんな可能性を秘めた製品だ。

 

f:id:ujiis:20160410190048j:plain

 

 

さて、このHACARUSのクラウドファンディングだが4月10日現在42%の達成率となっている。このチームには、デザインやUX、ビジネスに精通したメンバーがそろっておりクラウドファンディングを通じて明らかになる課題はどんどん改善されていくだろう。そういうと改良版を手に入れたくなるかも知れないが、マック初号機のように飾っておく用の1台も手にしておくべきなのかも知れない。

 

まだ、手に入れていない人は、是非下記からのご購入をおすすめしたい。

https://www.makuake.com/project/hacarus/